超強力!両想いのおまじない 恋愛のおまじない
 ―おまじない恋愛成功談3―

おまじない恋愛成功談について

性別:女性

年齢:高校生

実践したおまじない:赤ペンを使ったおまじない


赤ペンと絆創膏で成功したおまじない

私が3年付き合っている彼氏は高校時代のクラスメイトです。
高校野球のスタンドで吹奏楽部と応援団という関係から一目ぼ
れし、ずっと3年間片思いをしていました。


そんな私が告白をしようと決めたのが、高校3年の夏の高校野球
第一試合でした。玉砕覚悟で告白しようと決めたものの本当に告
白できるか不安で、私は雑誌に掲載されていたおまじないを実行
する事にしました。


おまじないの内容は簡単なもので、1週間赤ペンで自分の体に
相手の名前を書き、その上から絆創膏を貼っておくというもの
でした。


高校野球の1週間前からそのおまじないを実行すべく、水に濡
れても剥がれない絆創膏と油性の赤ペンを購入し、丁度1週間
前のその日から二の腕に名前を書き絆創膏を貼りました。


お風呂では腕をあげて入り、なるべく濡らさない努力もしま
した。


無事1週間が経ち、私は絆創膏を貼ったまま試合後彼の元に向
かいました。二の腕を強く握り、彼に声をかけると彼は笑顔で
振り返ってくれました。


告白の内容はあまりの緊張に覚えていませんが、彼が僕でよ
ければと言ってくれ、現在もラブラブバカップルをしています。


二の腕が赤くなるけど、それがきっと恋が成就するポイント
なんだと今でも思っています。


スポンサード リンク